子育てコラム

4月のコラム

誕生日会

今年度の保育参加会は、子供の誕生日会という取り組みにしました。4、5、6月の誕生児を保護者様と一緒にお祝いをすることで、子供にとってさらに特別な1日となっています。
誕生日はケーキを食べて、プレゼントを貰い、一つ大きくなった喜びを感じる日ですね。

 

家族が増えた記念の日に、子供たちに感謝の気持ちをもってほしいという事と、親になった記念の日でもあることを、親子でかみしめる日にもなってほしいと思います。
というのも、私自身自分が子供を産み育てる中で、両親への感謝をつくづく感じることができ、わが子に親に育ててもらったという思いがあるのです。保育士をしていても、親になることはまるで人生の修行のように辛いこともありダメダメな自分にがっがりすることばかりでした。そんな時に、佐々木正美先生の「こどもへのまなざし」という本に出会いました。その中で、「子供は、幼いころに親から無条件に愛されるという根拠のない自信によって、人を信じることができ、人間関係を円滑に進められるようになります。」という一文を読み、無条件に愛しているかな?無条件ってなんだ?と考えたどり着いたのは、出産直後の生きて生まれてくれた感動を忘れていたなと思いました。

小学生になったら、お友達や先生と一緒に誕生日を祝う機会は少なくなると思います。
乳幼児期の間に、家族以外の親しい人と一緒にお祝いをして、思い出に残る参加会になってほしいと願い、職員一同でアイデアを出し合っています。